アーユルヴェーダでヘルシー美人

2018/03/13

こんにちは☺️

小顔矯正サロンQpuスタッフの松田です。

 

今日は美を作る朝の過ごし方をアーユルヴェーダの視点から紹介して行きます。

 

アーユルヴェーダとは?

インド・スリランカ発祥の伝統医療です。

美しくてヘルシーなモデルさんや女性も取り入れていますので

知ってる方もいると思います。

習慣を見直す事で美しい心とカラダを手に入れましょう!

 

ヘルシー美人をつくる『アーユルヴェーダ』

インドの伝統医療で病気を予防し、心とカラダを健康にしていくことです。

WHO(世界保健機構)が予防医学として認めた医学でもあります。

 

『アーユルヴェーダ式』朝の過ごし方

1、日の出前に起床する

時間帯によって変わる心とカラダの性質から導きだされています。

夏は5時半〜6時、冬は6時〜6時半に目覚めることで

身体の調子が良くなることと、心にも余裕が生まれます。

 

2、ベッドでゆっくりカラダを観察

すぐに動き出さずに、一呼吸。

軽く手足を動かしてみて自分の身体の調子を観察しましょう。

冬に急に動き出すと血圧や脈拍に悪影響です。

 

3、窓を開け新鮮な空気を吸う

朝、起きたら窓を開けて空気を入れ替える。

朝の空気には良いエネルギーがいっぱい!

朝の光は体内時計が整い、質の良い睡眠に繋がります。

 

4、歯磨き&舌磨き

起きたての舌は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる

体内の老廃物の現れだとされています。

寝起きにの口の中は雑菌だらけなのですっきりさせましょう。

 

5、白湯を一杯飲む

口の中が清潔になったら白湯をのみましょう。

体が芯から温まり、排泄も促してくれます。

ゆっくり飲む事で、空腹も落ち着きます。

 

☆味が苦手と言う人はレモンや少量のハチミツを加えて

工夫してみてもいいかもしれませんね!

 

6、トイレの時間を作る

白湯によって腸が動きだしたタイミングで時間をとりましょう。

アーユルヴェーダでは、早い時間帯が適されていると言われています。

朝食より前にする事で老廃物を溜めないようにしましょう。

習慣化する事で身体が覚えてくれるようになります。

 

7、ヨガや軽いストレッチ

10分程度でも良いので、身体を軽く動かし温めます。

朝の運動には代謝UPや集中力を高める効果があります。

 

8、軽めの朝食をとる

アーユルヴェーダでは朝は排出の時間なので

温かいスープやフルーツ、スムージー、おかゆなどがオススメです。

 

 

朝を変えれば、心もカラダもHAPPYに前向きに

過ごせることができると思います。

私も3度寝してしまうときもありますが

朝の目覚める時間でその日のテンションやコンディションが決まるように感じます。

 

内面から美しくあるために、日頃の生活習慣は大事ですよね。

 

ヘルシー美人をつくる『アーユルヴェーダ』

ライフスタイルに取り入れてHAPPYに過ごしましょう✨

 

 

 

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

 

 

 

 

 

 

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら