寝覚めをよくする夜の習慣☆

2018/04/14

 

こんにちは!

小顔矯正サロンQpuスタッフの高橋です!

 

春になり、ポカポカ暖かくなってきて

朝起きても二度寝して寝坊しそうになったり、

通勤電車のなかでウトウト、ぼーっとしたりする事、ありませんか?

 

「自分は朝に弱いタイプ」。そう思い込んでいる人も多いかもしれませんが、

自律神経のバランスによって寝覚めの良さは変わってきます。

少しでも寝覚めをよくできるように、

今回は寝覚めをよくする夜の習慣をご紹介したいと思います。

 

寝付きをよくして朝につなげる「夜の習慣」

 

 

①お風呂でからだをあたため、リラックスの神経を優位に

ぬるめのお湯(38~40度)にゆっくりつかることで、からだをリラックスさせる副交感神経が優位に。

その結果、手足の血流が豊かになり、からだの熱が放たれることで体温が下がっていき、寝付きがよくなります。

就寝する1時間前ぐらいに入浴するのがベストです。

 

②ベッドでスマホはOFFにして、神経を休める

夜、ベッドでくつろぎながら、スマートフォン・パソコン・テレビなどを見る人も多いでしょう。

でも、これら光の強い電子機器は交感神経を刺激し、脳を興奮させるので、

リラックスどころか目が冴えてしまいます。

ベッドに入った後は、ストレッチや落ち着ける音楽を聞くなど、別のリラックス方法に変えてみましょう^^

 

③寝酒は睡眠のリズムが乱れて逆効果、つまみとともにメタボの原因にも!

アルコールを飲むと脳がぼんやりするので、眠気を誘うこともありますが、

飲み過ぎて神経が麻痺すると睡眠のリズムが崩れ、眠りが浅くなる傾向があります。

その結果、夜中に突然、目が覚めたりすることも。

また、寝酒を飲むと、つい一緒におつまみを食べてしまいませんか?

軽い気持ちの寝酒習慣が、結果的に睡眠にも健康(メタボリックシンドローム)にも悪影響ということに……。

飲み会や晩酌は、寝る3時間くらい前には切り上げられるとスマートです。

 

 

 

いかがでしょうか。

ぜひ今晩からこれらに気をつけて、

夜ぐっすり眠って翌朝スッキリ目覚めましょう♪

 

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら