髪を綺麗に保つ方法

2018/06/28

こんにちは😊

小顔矯正サロンQpuスタッフの松田です。

 

最近暑さが増してきましたね。

紫外線で髪にダメージを、、、

今日は髪を綺麗に保つ方法をご紹介したいと思います。

 

髪を美しくするには日頃の心がけが大切✨

意外と忘れがちなヘアケア

 

1、髪の毛にも紫外線対策を

肌の紫外線対策をする方は多いと思いますが、髪の毛までする方は少ないのではないでしょうか?

実は髪の毛は顔より2倍もの紫外線を浴びています。

 

髪に紫外線が当たることで、

・髪を作るために結合しているタンパク質が分解される。

・髪の表面を保護しているキューティクルも剥がれて切れ毛や抜け毛の原因になる。

・髪の色の元となるメラニン色素も破壊して、色も落ちやすくなる。

 

《対策》

・帽子をかぶる

・日傘を差す

・スプレータイプの日焼け止め

・UVカットの効果のあるヘアトリートメントを使う

 

2、ヘアオイルで乾燥対策

乾燥する季節ではなくても髪に乾燥を与えてしまっています。

紫外線による日焼け、ドライヤーやヘアアイロンの熱、エアコンなど

日々暮らしている中で乾燥でダメージを受けやすくなっています。

 

《対策》

・お風呂上がりの髪を乾かす前にオイルをつける。

・髪を乾かした後、朝出かける前に少量つける。

 

オイルを使用することで乾燥を防いでくれます。

 

3、睡眠中はナイトキャップをする

睡眠中もヘアケアが大切です。寝ている間に髪同士の摩擦によりダメージを受けています。

ナイトキャップを使用する事で、髪の摩擦を防ぎ、優しく保護してくれます。

 

4、髪に良い食事で美髪をキープ

髪に良い食べ物はたんぱく質、亜鉛、鉄分です。

髪に良い栄要素を積極的に食べることで内側からケアができます。

髪の材料となるたんぱく質は重要です。

亜鉛は新陳代謝に関わっているので、髪の再生やキューティクルに必須。

鉄分は髪に必要な栄養を運んでくれます。

 

・たんぱく質:肉、魚、卵、大豆製品など

・亜鉛:牡蠣、納豆、アーモンド、高野豆腐、牛もも肉など

・鉄分:レバー、まぐろ、ほうれん草、ピーマンなど

 

5、サポートしてくれるのはビタミンB群 & E

たんぱく質の代謝に役立つビタミンB2やビタミンB6などの髪の健康にサポートしてくれます。

また、ビタミンEは抜け毛の原因となる過酸化脂質の分泌を抑えてくれて、頭皮を健やかにキープしてくれます。

 

ビタミンB2:レバー、卵黄、納豆、うなぎ、魚肉ソーセージ、干し椎茸、アーモンドなど

ビタミンB6:まぐろ、かつお、レバーなど

ビタミンE:アーモンド、アボカド、ほうれん草、オリーブオイル、ごまなど

 

6、たばこと飲酒を控える

生活習慣を見直すことで、頭皮や髪を守りましょう。

たばこに含まれているニコチンは血流を悪化させるため、栄養の運びを邪魔します。

また、アルコールは肝臓でビタミンBを使って解毒します。

毛髪の材料も肝臓でビタミンBを使って合成しますので

アルコールの摂取で肝臓に負担をかけることで髪への状態を悪くさせてしまいます。

 

7、ストレスを溜め込まない

ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れてしまい、血流が悪くなってしまいます。

頭皮の血流が悪くなると、肌や毛髪に悪影響です。

ストレスを溜め込まないように日々の中で発散していきましょう。

 

普段の生活を少しだけ見直すことで、美髪は作れます。

一つずつ取り入れて健康な美髪にしましょう。

 

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら