『冷房病』

2018/08/8

こんにちは😊

小顔矯正サロンQpuスタッフの松田です。

 

毎日続く厳しい暑さ。

冷房に頼る毎日になっていますよね。

 

冷房は快適な涼しさを与えてくれる一方で、

長時間あたり続けると様々な体の不調にもなってしまいます。

 

頭痛やむくみ、肩こり

女性の不調が悪化する『冷房病』の対策をご紹介します!

 

『冷房病』が引き起こす不調

私たちの体は、暑くなると汗をかいたり血管を拡張させたりして

体内の熱を外へ逃がし、体温を一定に保っています。

 

ところが、長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷え過ぎてしまうと、

熱を逃さないようにする機能が働いて、血管が収縮し、血液の循環が悪くなり、代謝も低下します。

それにより、手足の冷え、むくみ、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こしてしまいます。

また冷えにより、ホルモンバランスも乱れ女性の方は生理不順や肌荒れも起きやすくなります。

冷房による影響が、様々な体の不調を総称して『冷房病』と呼びます。

 

屋外と室内の気温差は、自律神経の乱れの原因!

私たちの体温調節機能は、自律神経がコントロールしています。

暑い屋外から涼しい部屋への出入りを頻繁に繰り返すと、この自律神経が混乱します。

自律神経が乱れると、汗をかきにくくなり、乳酸などの疲労物質が溜まり、

慢性的に体がだるい、夏バテのような状態になることもあります。

なので、注意が必要です!

 

『冷房病』にならないためには?

夏場のエアコン設定温度は、28度が標準と言われていますね。

ですが、気温の感じ方には個人差があるので、

自分が「寒くない」と感じる温度に設定をすることをおすすめします!

屋外、屋内の気温差を5度以内にするのが理想的です。

 

『冷房病』の対策!

1、体を温めるものを積極的にとる

冷たいドリンクなどを手に取りがちですが

常温の飲み物や温かい紅茶、生姜湯などで体内を温めましょう!

冷えた室内にいるときは積極的に取り入れましょう!

 

2、適度な運動で血行促進

オフィスなどで立ちっぱなし、座りっぱなしでは

血液の流れが滞り、冷えも悪化してしまいます。

休憩時間などに体を伸ばしたり、移動する時に階段を利用したり、

積極的に動かしたり、こまめに体を動かしましょう。

 

3、お風呂に浸かりましょう!

夏は暑いですが湯船に浸かることで血行が促進され、

冷えにくい体を作ることができます。

10分でもいいので浸かる事をおすすめします!

 

4、まとめ

普段の生活を工夫したりする事で、体の不調が改善されたりします。

お客様の中で頭皮がガチガチに硬い方も多くいらっしゃいますが、

ほとんどの方が忙しくされており、シャワーで済ましている。

と言う事を聞きます。少しでも浸かる事でリフレッシュしたり、

夏場は汗をかきますので、浸かる事で毛穴を広げて汚れも出しましょう!

 

今日は台風が来ると言う事なので皆様お気をつけください。

台風でも良い一日となりますように✨

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら