腹巻きでお腹を温めましょう*

2018/09/14

こんにちは、小顔矯正専門サロンQpuスタッフの駒木根です!

 

お腹の中には、胃腸、肝臓、腎臓などのたくさんの内臓があります。

お腹が温かい人は、これらの内臓が元気に働いています。

反対にお腹が冷たい人は、

内臓の血行が悪く、酸素、栄養素、白血球、免疫物質などのめぐりが悪いということになります。

お腹を触って、「冷たい」と感じる人は要注意です(>_<)

お腹が冷たいということは、内蔵全体が冷えてしまっていることになります!

 

お腹を冷えを改善するには、腹巻きがオススメです♪

 

腹巻がもたらす効果

 

▽冷え性の改善

 

腹巻きをすることなどでお腹の冷えが緩和されると、

身体全体の体温も上昇したり冷えを防ぐことができたりといった効果が期待できます。

腹巻きをしてお腹を中心的に温めることで、内臓で熱がきちんと生み出されて血流がよくなることが期待◎

そのために血流の悪い人や内臓が冷えている人にも冷えを改善するための方法として、腹巻きが有効なのです。

 

 

▽生理痛などを緩和する

 

腹巻きをすることで胃腸などの臓器だけではなく、子宮も温めることができます。

 

〈生理中はたくさんの血液が経血として身体から失われてしまうため、身体が血液不足や貧血になりやすい状態です。

体内の血液が不足してしまうと、身体を冷やしてしまい血流が悪化してしまうため生理痛が起こりやすくなります。〉

 

そこで腹巻きをしてお腹周りを温めることで、骨盤周辺の血流を促進してあげることが生理痛の緩和に役立ちます。

またお腹周りの冷えは生理周期の乱れにも関わっていることがあるため、

生理周期が乱れがちな方や生理期間の長さが不安定な方には特に、腹巻きでお腹周りを温めてあげることがおすすめです♪

 

▽むくみ改善

 

身体がしっかりと暖まることで血流が改善されると、

滞っていた血流や水分の流れも良くなってくるため、むくみや代謝の改善にもつながります。

身体の冷えは身体の巡りを悪化させるため、冷えることによってむくみも起こりやすくなります。

そしてむくみによって身体に水分が溜まることで、余計に体内の水分の流れを邪魔してしまったりと、

冷えを悪化させてしまう原因となるのです。

そこで腹巻きは身体を中心からしっかり温めることで、

むくみの根本的な原因ともなる「冷え」の解消にアプローチをしていくことができます☺︎

 

 

腹巻きは「おしゃれじゃない」「古臭い」といったイメージを持ちやすいかもしれませんが、

巻いておくだけという手軽さなのに、得られる効果は美容から健康まで様々です。

冷え性予防は秋の季節から始めましょう☺︎

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

 

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら