日本古来の美容食〈味噌汁〉

2019/02/15

こんにちは!小顔矯正専門サロンQpuスタッフの駒木根です!

 

日本の食と言えば味噌汁。老若男女に愛される日本古来の飲みものです。

「味噌の医者殺し」ということわざが示すように、

お味噌には栄養が豊富で、健康を維持する優れた効果があります。

 

1. 大豆イソフラボンでエイジングケア

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに似た作用があり、

ホルモンバランスを整えるエイジングケア効果が期待できます。

煮豆を食べるよりも味噌や納豆など発酵食品から摂ったほうが消化吸収が良いので、イソフラボンの吸収率も高まります。

 

2. 脂肪燃焼・ダイエット効果

味噌には、ロイシン・イソロイシン・ビタミンB群が含まれているため、脂肪の燃焼効果があります。

燃やすだけではなく、脂肪を体に溜めづらくしてくれます。

デトックス効果と合わせて、ダイエット効果にかなり期待ができますね!

 

3. シミやそばかす・ニキビ予防

味噌はミネラルやビタミンなども豊富に含まれます。

さらに、大豆を発酵させる過程で生まれる「遊離リノール酸」という成分は、

大豆に含まれるリノール酸よりも吸収されやすくなっています。

これがラニンの生成を抑えてシミやそばかすを予防してくれるのです。

特に、米こうじの割合が高い味噌ほど、シミ予防効果が高いとのこと!

 

4. 美腸効果抜群

味噌には食物繊維も含まれています。さらに、味噌汁にすることで、野菜などの具材からも食物繊維を摂ることができます。

食物繊維が腸内をデトックスし、ダイエット効果や便秘の改善、吹き出物やくすみを予防し、美肌効果などに期待できます。

また、発酵食品である味噌には「乳酸菌」も含まれています。

《これからの時期に発症しやすい花粉症対策にも乳酸菌を摂取すると良いですよ!》

腸内に悪玉菌が増えると、腸のぜん動運動(便を排出する運動)の力が弱まってしまい、便秘のもとにもなります。

味噌汁として毎日乳酸菌を摂ることで、腸内に善玉菌が増え、悪玉菌を退治し、ぜん動運動を活発にします◎

 

 

5.頭の働きを良くする

脳内での神経伝達の促進に欠かせない「コリン」。お味噌中のレシチンにはコリンが豊富に含まれています。

また、お味噌に豊富なタンパク質とビタミンB群には、頭の回転をよくする栄養素が豊富に含まれています。

集中力や記憶力、判断力アップも期待できます◎

 

※実は食べ合わせが悪い!〈わかめ×ネギ〉

わかめとネギといえば、どちらも定番の味噌汁の具材ですよね!

一緒に味噌汁に入れて食べることも多い具材ですが、実は食べ合わせが悪いってご存知ですか?

ネギに含まれるリンが、わかめに含まれるカルシウムの吸収を阻害してしまうのです。。

健康を害するわけではありませんので心配はいりませんが、

わかめなどの海藻に含まれるカルシウムを効率よく吸収するためには、ネギと一緒に食べるのは控えたほうが良いでしょう!

 

ぜひ、美味しくて健康的な味噌汁を楽しんでくださいね!

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら