たるみ、ほうれい線ケア 小顔矯正Qpu

2014/09/14

小顔矯正専門サロンQpu

こんにちは。

小顔矯正サロンQpu表参道店の阪田です。

 

昨日、口元のたるみについて書かせて頂いたので

簡単に出来るケアを紹介させて頂きます。

 

ほうれい線やたるみは加齢の原因の他に老廃物が溜まっていたり、

むくんでいたりとお肌の内部によっても関係してきます。

また、顔の筋肉が使われているのは一部だったりするので

動かしていない筋肉が固くなることも原因となってきます。

 

上唇の外側(すぐ上辺り)に人差し指、中指、薬指の3本の腹を当てて

軽く押しながら、鼻の下と上唇の間を揉みほぐします。

また、位置を変えながら凝っている部分をしっかりほぐします。

次に下唇の下側も同じように顎と下唇の間をほぐします。

 

さらに別のケアとして

口を閉じた状態で歯の外側の表面を円を描く感じで

舌をくるくるなぞって内側に刺激を与えます。

5〜6周くらいを目安にしてみてください。

内側の筋肉に刺激を与えるので二重あごやあご周りを

スッキリさせる効果もあります。

 

たるみやほうれい線が気になってきている方は

ぜひ取り入れてみてください。

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。
最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。
友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

 

 

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら