卵を食べて美しく!

2016/09/20

こんにちは!
小顔矯正サロンQpu六本木店の永井です。

 

 

忙しい日々の中、バランスのとれた食事を意識するのは難しいですよね。
コンビニ食やお菓子で一日済ませてしまう方は少なくないと思います。

 

そんな食生活にオススメな食品。
それは 卵 です。
今回は卵について書いていきます。

 

 

鶏卵はあらゆる栄養素を含んでおり、『完全栄養食品』と言われています。

私達が食物から摂取しなければならない9種類の『必須アミノ酸』が全てバランスよく含まれているんです。

アミノ酸は細胞を作るもとであり、また、疲労除去、免疫力アップにも役立ちます。

また、アミノ酸は体の中に蓄えて置くことができないので、毎日摂取する必要があります。

 

その他にもビタミンB2、ビオチン、セレンなどもふくまれています。

 

 

ビタミンB2
1個あたり0.24mgのビタミンB2が含まれています。
ビタミンB2は「発育のビタミン」と言われ、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生にかかわります。

また、脂質をエネルギーにかえるにはビタミンB2の働きが必要です。
特にダイエット中には意識したいですね!

 

 

ビオチン
水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種です。
ビオチン(ビタミンH)は、腸内細菌によって作られるビタミンで新陳代謝の周期を正してくれたり、肌を綺麗にしてくれる効果があります。

 

 

セレン
ミネラルの中の必須微量元素のひとつで ビタミンEと同じように抗酸化の働きをします。
卵には、酵素やたんぱく質の一部を構成するために必要なセレンが豊富に含まれています。

 

 

さらに女性ホルモンの素になるエストロゲンの材料となるコレステロールが豊富に含まれています。

女性ホルモンのエストロゲンは、乳房の働きを活発にしてくれるのでバストアップの効果も期待できます!
とても美容にいいと思いませんか?

 

でもそのコレステロールが心配…。

 

そう思われる方もいるかもしれませんが安心してください。

 

 

●「卵は一日一つまで」は間違い!!

 

卵はコレステロールが多いので健康を害すると長い間言われてきましたがそれは間違いです。
むしろ卵は健康を促進する善玉コレステロールを体内に増加させ、さまざまな病気の原因になる悪玉コレステロールを減らす作用のあるオレイン酸やレシチンを含んでおり、むしろ私たちの健康に役立つ食品であるといえます。

 

ただやはりカロリーがあるので食べ過ぎには要注意です。
卵は60g(1個)で91kcalのカロリーがあります。
カロリー面を考えると一日に3つくらいが良いとされています。

 

 

他にもたくさんの栄養素が入った卵。

コンビニにもゆで卵が売っているので日々の食生活に加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ホームページはこちらです。

http://qpu.jp/mens-qpu/

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら