花粉の時期のスキンケア方法☆

2017/04/20

こんにちは!

 

Qpu池袋店スタッフの高橋です。

 

 

ヒノキ花粉の時期がやってきましたね>_<

 

私は鼻水やくしゃみの症状は出ていませんが、

お肌の方が手荒れしてしまったり、

顔に小さな吹き出物がポツポツと出てくるようになりました(ToT)

 

 

なんとかしなくては!と思い、今回は花粉の時期のスキンケア方法について調べてみました。

 

花粉症の症状にお悩みの方にも参考になると思いますので、ご紹介しますね。

 

 

 

とにかく花粉と接触することを防ぐ!

 

まずは徹底して花粉を寄せつけないことが重要です。

髪はコンパクトにまとめ、花粉が髪につかないようにします。

外出時には花粉を吸い込まないようにマスクを着用し、帽子でガードするのも効果的です。

ただしマスクを装着している間に口のまわりに湿気がたまり、

それが刺激になって口周辺が荒れる場合があります。

また、マスクの素材が合わなかったり

マスクがこすれるなどして肌が荒れることもあるので、

自分に合ったマスクを選びましょう^^

 

花粉が肌に付着しないようにすることも重要なので、

洋服の素材も、毛羽だったものを避け、

花粉がつきにくいスベスベした素材のものを選ぶようにすると付着量がずいぶん違うはずです。

 

 

私は先日よく晴れているからってお布団を外に天日干しにし、

よく払わないまま取り込んで寝たら、

翌日手の甲に湿疹のようなブツブツがたくさん出てきてしまいました(T_T)

 

洗濯物を取り込む時はよく払って花粉を落としてから取り込みましょう>_<

 

 

 

花粉の時期のスキンケア、メイク

 

花粉症の症状が現れる場合は、皮膚のバリア機能が崩れていることが多く、

加齢や乾燥などの他に「洗い過ぎ」が原因であることもあるので、

実際スキンケアでは以下のことに気をつけます。

外出から戻った後は、肌に負担の少ないクレンジングでメークを落とし、

洗顔をして肌に付いた花粉を十分に洗い流しましょう。

しかし良く落としたいからといってゴシゴシ洗ったり、

スクラブ入りやピーリング剤入りの洗顔料で洗うのはオススメできません。

また熱めのお湯は必要な皮脂まで流してしまうので、ぬるめのお湯を使用します。

また、外出先でもこまめにフェイスブラシで顔についた花粉を払うのもよいかと思います。

 

洗顔後、一番大切なのは保湿です。

刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしてください。

アルコールはしみる方もいらっしゃるので、アルコールフリーのものを選んでもよいかもしれません。

クリームは、油分の多いものがバリアの役目を果たしてくれますが、

ベタベタしていると花粉が付着するので、上からパウダーをはたいて肌をさらっと保つようにします。

意外と忘れがちなのが唇のケアです。

花粉の影響を受けてカサカサに乾燥したり、皮がはけたり、

腫れたりするという方も多いので、リップベースやワセリンなどで唇をガードしましょう。

 

また、メイクは

敏感肌だから、花粉症だからと言ってメークをしない方がいいということではありません。

メークによって肌の上から1枚膜を作ることで、花粉の刺激を直接受けずに済みます。

ファンデーションを薄く塗るようにします。

ファンデーションに油分が多く含まれていると花粉が付着しやすくなりますので

仕上げに、パウダーをつけて表面をさらさらに保つようにしましょう。

目のまわりは皮膚も薄くデリケートですから

アイメークによって、かゆみや腫れ、赤みが生じることが考えられますので

粘膜に近い部分のメークは様子を見ながら行った方が無難です。

また、過敏になり添加物や色素などに反応しやすくなっているので、

自分のお肌が過敏な状態の時でも安心して使えるブランドを探しておくのも良いと思います。

アイラインやマスカラは涙で流れてしまうこともあるので、使用には要注意です。

かゆみや赤みが出たら少し使うのをお休みするなど様子を見てください。

 

 

 

いかがでしたか?

いつも以上にお肌に気を遣わなければならないこの時期、

正しい知識でしっかりケアしてあげて、

春のゆらぎ肌を乗り切りましょう☆

 

ここまでお読み頂きありがとうございました♪

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら