歯を食いしばる癖 小顔矯正Qpu

2014/07/14

小顔矯正専門サロンQpu

 

こんばんは

Qpu池袋店店長の東です。

 

 

歯を食いしばる癖や

寝ている時に歯ぎしりしてしまう癖がある方は多いようです。

 

 

歯を食いしばったり、歯ぎしりをする時、

咬筋というエラの筋肉を使います。

 

筋肉は使えば使うほど発達し、大きくなっていきます。

 

 

つまり、

歯を食いしばったり、歯ぎしりをする頻度が高いと

咬筋が発達し、お顔が大きくなってしまいます。

 

 

さらに、

ケアをしないでいると

咬筋はどんどん硬くなり張り感もでてくるため

余計にお顔が大きく見えてしまいます。

 

 

小顔矯正を受けて筋肉が落ちるということはありませんが、

歪みを矯正し、筋肉を緩めていくことで

お顔はすっきりしていきます。

 

 

普段から食いしばらないように意識したり、

咬筋や側頭筋(頭の横の筋肉)を揉みほぐして頂けると

さらに小顔効果は出やすくなります。

 

 

施術後にセルフケアの方法やアドバイスもさせて頂いてますので

お悩みの方は是非Qpuにいらっしゃってください。

IMG_4797

 

 

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら