爪も乾燥します!健康的なナチュラル爪を作るセルフケア☆

2017/10/25

こんにちは!

 

小顔矯正サロンQpuスタッフの高橋です。

 

秋が深まり、乾燥してくる時期に入ってきましたね。

 

お肌の乾燥が気になる所ですが、

実は「指先」や「爪」も、

乾燥によってささくれができたり、カサカサして爪のトラブルが引き起こされてしまいます。

そこで今回は

ネイルなしでも、元気で魅力的に見えるナチュラル爪を作る、簡単セルフケアをお伝えしたいと思います^^

●“爪のトラブル”原因とケア方法

 

爪をよく見て下さい。下記のような症状が現れていませんか?

1.爪の縦筋(爪の表面に縦に平行に現れる腺)

主に乾燥と老化が原因とされています。

ケア方法としては、爪の表面をネイルバッファで軽く削ってなめらかに整え、

ネイルオイルやネイルクリームなどで爪、指の乾燥を防いだり、マッサージして血行促進しましょう。

2.爪の横溝

甘皮の切りすぎや押しすぎ、打撲など外からの衝撃により爪が横に凹んで溝のようになります。

ケア方法としては、縦筋同様、

表面を軽く削ってなめらかに整えた後、

乾燥を防ぐためにネイルオイルやネイルクリームなどで指先にうるおいを与えましょう。

3.二枚爪

リムーバーの使い過ぎや爪を切った時の衝撃、

爪の乾燥などが原因で爪は剥がれて、二枚爪になってしまいます。

爪切りを使わず、ネイルファイルで長さを整え、

乾燥を防ぐためにネイルオイルやネイルクリームなどで爪や指先をうるおわせましょう。

4.ささくれ

洗剤やリムーバー、乾燥により爪の周りの皮膚がめくれた状態になります。

ささくれ部分をニッパーなどで取り除きネイルオイルやネイルクリームなどで潤わせましょう。

※爪のトラブルの原因の大半は、“乾燥”によるものです。爪や指先が乾燥しないようにしましょう。

 

 

●ナチュラル爪の作り方

 

1.爪の形を整える

◇爪切り使用の場合

お風呂上りまたは、洗面器にお湯を入れ指先を温め、爪が柔らかくなっている時に行いましょう。

爪の端から数回に分けて、中央に向かって切ります。

一度に広い面を切ると衝撃で爪にヒビが入ることがあるので注意が必要です。

仕上げにヤスリ(ネイルファイル)で角の部分をなめらかに整えましょう。

 

◇ネイルファイル(やすり)使用の場合

爪が薄い方や、割れやすい方にオススメです。

お風呂上りまたは、洗面器にお湯を入れ指先を温め、爪が柔らかくなっている時に行いましょう。

ネイルファイルを爪に対して45度の角度で当て、一方方向に動かして好みの長さまで削ります。

角も同様にし形を整えます。

 

2.爪の表面の汚れ取り

コットンチップにクリームを少量つけ、爪の根元から爪の周りになじませます。

爪の周りを甘皮に向かってクルクル小さい円を描くようにプッシュアップしていきます。

ガーゼを親指に巻き付つけ、甘皮を円を描くようにガーゼでなぞり、爪表面をキレイにします。

 

3.表面を整える。

爪が凸凹になっている場合は、ネイルバッファで表面を軽く削って整えます。

 

4.爪や指先の保護

ネイルオイルを爪の根元に置き、爪の周りに馴染ませ、軽くマッサージをしましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

爪もお肌と同様に“乾燥”させないことが、健康的な爪を作る一番大切な事です。

これからの季節、寒くなりトラブルも出やすい季節になります。

あらっ?と思ったら、今晩から早速、爪、指先のお手入れを始めましょう♪

 

 

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら