常備菜に!ピクルスに隠された栄養☆

2017/12/24

こんばんは。

小顔矯正サロンQpuスタッフの高橋です^^

 

 

いつもの献立になにか彩りを加えたい、なんだか野菜が足りない気がする、

そんな時に役に立つのが、常備菜ですよね。

 

私は最近常備菜としてピクルス作りにはまっています^^

 

 

そこで今回は、ピクルスに含まれている栄養と効果についてご紹介していきたいと思います。

 

ピクルスは、塩・酢・砂糖の調味液に、

塩漬けにしたきゅうりやパプリカなどの野菜を漬け込んで発酵させた発酵食品です。

 

以前は、あまり食べられることがなかったピクルスですが、近年は家庭で酢を使った簡単ピクルスが作られるようになりましたね^^

 

ピクルスには、どのような栄養や効果があるのでしょうか。

 

ビタミンC豊富!…美白・美肌づくりや風邪予防に効果的

 

ピクルスには、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、美白や美肌効果が期待できる栄養としてよく知られていますね。

さらにビタミンCは、抗酸化作用が強く、免疫力も高めることから、

この寒い時期の風邪予防にも効果があるのでぜひ摂取したいところです。

ビタミンCは、喫煙やストレスによって失われやすい栄養なので

ピクルスを食べる際はビタミンCが溶け出した汁を切らずに、一緒に食べると効果的です^^

 

 

植物性乳酸菌…腸の健康維持に優れた栄養

 

ピクルスには、植物性乳酸菌が入っている点にも注目です。

植物性乳酸菌とは、野菜や豆などを発酵させる乳酸菌のことで、

チーズやヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌とは違って

植物性乳酸菌は腸まで生きて届くと言われおり、整腸作用があるため便秘の解消に効果的です^^

野菜を漬けているので食物繊維も豊富であり、

水分を多めに摂れば相乗効果で便秘に効果的だと思います^^

 

 

クエン酸を含有している…疲労回復に絶大な効果

クエン酸は、疲労回復に絶大な効果がある栄養として知られています。

また、胃液の分泌を促す作用もあるので、

食欲不振に悩んでいる人には食欲増進効果が期待できるでしょう。

さらにクエン酸は、血行促進効果があるので

肩こりや冷え性を改善する効能などもあります^^

梅干しと一緒に食べるとより効果的ですね♪

 

 

 

意外と古いピクルスの歴史

 

ピクルスの歴史は長く、紀元前2000年前から食べられていた記録があるほど、古い歴史を持つ食品です。

その豊富な栄養や健康効果だけでなく、優れた保存性も古くから重宝されている理由のひとつでしょう。

今では、カラフルな野菜を漬け込んだピクルス瓶が、

キッチンを彩るオシャレアイテムとしても人気を博していますね^^

 

 

ピクルスの野菜は、生のままピクルス液に漬ける方法と、

さっとゆでてピクルス液に漬けたり、ピクルス液とともにひと煮立ちさせてそのまま漬け込む方法があります。

生のまま漬ければビタミンCなどが失われなかったり、食感がいいメリットも。

火を通せば、日持ちする長所があります。

 

とてもヘルシーなので、料理のつけあわせやオードブル、おつまみにしたり、

またピクルスを使ってさまざまな料理に活用したり、

ぜひ万能なストックフードとして活躍させてみましょう♪

 

 

 

Qpu公式ラインアカウントを始めました。

最新の美容&ダイエット情報を月1,2回発信するのでご登録お願い致します。

友だち追加数

PCでご覧の方は下記のQRコードからご登録可能です。

驚く程お顔が変わります。是非一度キュープの小顔矯正を受けてみて下さい。
ご予約フォームはこちら